喜多桐スズメのニューおろおろ日記

漫画家・イラストレーター喜多桐スズメの日々雑記

      プロフィール          スズメ過去仕事          保湿西遊記      漫画(株)アパレル      パンダ&mail 

朝三暮四

娘が「夕飯は餃子にしてね」と、言いました。

夕飯は冷蔵庫の残り物定食に決定していたのに、
餃子なんて贅沢、承服できませんなぁ。

賞味期限ギリギリのひき肉に残り野菜を放り込んでトマト缶で
ぐつぐつ煮れば、デリィ〜シャスなミートソース完成。
ショートパスタにからめれば十分でしょう。

娘は「いやだ、いやだ、餃子が食べたい!」とダダをこねる。
「餃子は明日にしようよ」。

冷蔵庫の残り物を今日中に消費したい

私は引き下がらない。

「じゃ、明日インスタントラーメンでいいから、

今日は餃子ね」と、
交渉をはじめる娘。

う〜ん、と考え込む母。インスタントラーメンの備蓄はある。
ラーメンも「残り物定食」の選択肢のひとつです。
そうだ!「ねえ、明日餃子にするから、今日はラーメンでいい?」と、冗談で言ってみる。すると・・・・

うん!いいよ、今日はラーメンで!そのかわり明日餃子ね。
と、大喜びの娘。
なんですと!ずいぶん利口になったなぁ、と思っていた娘は
猿と変わらんのか!

昔中国で、猿にトチの実を朝に3つ暮れに4つ与えようとしたら、
猿が文句を言うのでじゃ、朝4つ暮れ3つにしようかと言うと、
猿大喜び。という、故事から、全体はな〜んも変わってないのに、
目先のことにごまかされることを朝三暮四と言いますね。

何千年も前の出来事からできた故事やことわざが、現代の人間にも
当てはまるのって、文明がいくら進化しても、人間ってかわんね〜や、
ってことの証明なんでしょう。

あ、でもうちの娘は、猿か・・・。