喜多桐スズメのニューおろおろ日記

漫画家・イラストレーター喜多桐スズメの日々雑記

正しい「ベイビー」の使い方。

お互いの娘が生まれた病院で知り合って友だちになって、25年の友人がいます。

25年って、お互いの娘の年齢。

 

とっても仲良くしてもらって、なんでこんなに気が合うんだ、って思ってたんだけど、「好き」が同じだった。森鷗外好き!宮本浩次好き!ジャッキーチェンも好きだ!料理の味は土井勝だ!

 

友人は3年前の紅白落ち、私は昨年のロマンス落ちからのエレカシファン、新参者同士。って、ことで、2020日比谷野音エレカシライブDVDの鑑賞会開催!コロナ禍に友人宅訪問も、ソーシャルディスタンス。

 

何、この曲、最高!「デーデ」だよ。

すでにこの日までにDVD30周は再生しとる、わたくし解説。

「珍奇男」歌うこの表情たまらない♥おっとと、おっとと、などと、宮本浩次さんよりひとつ年上の女子ども、うっとり。

f:id:suzume-kitakiri:20210417232357j:plain

で、友人が言うには「私、日本のロックミュージシャンが口にするベイビーはちょっと苦手だったんだけど、浩次さんのベイビーは良いね、と」。友人のお姉さんはアメリカ暮らしだし、色々、思う所はあるのです。

 

あー、私、この「ベイビー問題」17年前に解決済み。

 

私のとーても仲良しのニューヨーク住まいの友だちが日本にしばらくいて、彼女の娘Mちゃんが、2歳になった頃の話。

 

目黒にあった、友人宅に家族揃ってお邪魔したとき、うちの当時3歳の息子と、友人の2歳数か月のMちゃんが、キャッキャと、じゃれ合うように追いかけっこを始めました。二人とも本当に仲良く、楽しそう。

f:id:suzume-kitakiri:20210417235135j:plain

私の息子に、Mちゃんは言い放ちます、ヘイ、カモンベイビー。捕まえてみな、と。

f:id:suzume-kitakiri:20210418001045j:plain

MちゃんはネイティブEnglishの家庭育ち。

ああ、愛おしくて、可愛いものベイビーって言うんですねと、この時学びました。

 

だがな、君ら、リアルベイビーじゃん。二人ともオムツ取れてないじゃん。

 

f:id:suzume-kitakiri:20210418001420j:plain

ベイビー、ベイべ、ベイべ~。

愛おしいもの、可愛いものは、全て、ベイビー。

 

ベイビーと、投げる側も受け取る側も、お互い好き同士なのが、正しいベイビーの使われ方ね。わかった?ヘイ、ベイビー。