喜多桐スズメのニューおろおろ日記

漫画家・イラストレーター喜多桐スズメの日々雑記

櫛は髪をとかす道具にあらず。

パン屋勤めの私の娘が、常連の年配女性の接客をしていた。

お財布からお金を取りだした常連さんが、ぽとりと、財布から小さなおもちゃの櫛を落とした。

f:id:suzume-kitakiri:20210711224510j:plain

お財布の中に櫛を入れている人って珍しいな、と思った娘は「お客様、いつもお財布の中に櫛を入れているんですか?」と、尋ねた。

 

すると、常連女性は「レシートを挟んで息を吹きかけるといい音がするんですよ」と。

 

f:id:suzume-kitakiri:20210711225102j:plain

まさかの楽器!

 

髪をとかす目的以外に櫛を使っている人の存在を知ったのは人生初だ。娘も私も。

 

でだ、やってみた。家にある何種類かの櫛にレシートを挟んで息を吹きかけた。

どんないい音がするのか聴いてみたかった。

 

f:id:suzume-kitakiri:20210711225646j:plain

色んな挟み方を試して、息をふきかけた。

だが、ふーふーふーと己の息の音しかしない。

ひらひらとたなびくレシートに息がぶつからない。

おそらく上手くレシートに息がぶつかれば何らかの音がするのだろう。

 

しばらくふーふーふーふー、ってやってると、テレビを観ていた夫からうるせーと、クレーム。

 

終了。

 

なんだか、悔しい。きっと、聴いたこともない音に出会えるチャンスかもしれないのに。

よし、夫のいない時を見計らって、まだまだやってみよう。

などと思う、クッソ暑い初夏のいちにち。

 

 

 

☟よろずなざっしー、よろしくね♡

yorozoonews.jp