喜多桐スズメのニューおろおろ日記

漫画家・イラストレーター喜多桐スズメの日々雑記

🔝

何てことないいつもの日々に、色んなことあるね。

何てことない、いつものお買い物。

近所のスーパーで枝豆が一袋150円の激安。

生の枝豆、旬だからお安い。

で、秋田産枝豆と新潟産枝豆が共に一袋150円。

どちらを買おう?迷う。

が、迷いは一瞬で吹き飛んだ。

「湯あがり娘」と名付けられた枝豆を購入することに。

キャッチ-だ。ハートを掴まれてしまった。湯あがり娘に。

 

きっと、秋田産の枝豆も美味しいに違いないのだろうが、パッケージに「秋田産枝豆」としか書かれていない。「湯上がり娘」のインパクトに敵わなかった。

 

初手の勝負は味ではなく、キャッチコピーだった。

言葉って、すげーな。つくづく思う。

 

で、買い物から家に帰ると先日ネットで買った、老舗・近沢レース店さんから「将棋レースタオルハンカチ」が届いていた。

 

SNSでバズった、あのタオルハンカチだ。縁取りレースが将棋の駒という、レースの表現力無限大、って思わせる一品。

4月のオンライン販売で数分で売り切れた。

 

繊研新聞のコラムにも書いた。アレ👇

www.kitakiri.com

 

で、再販が決定していたのでPCの前で販売時刻に合わせて、スタンバった。

なんか、頑張った。で、将棋レースハンカチ購入ボタンをクリックしたとたんに、パソコンが凍った。ってか、サイトがフリーズした。スマホからもアクセスしたが近沢レース店のホームページ、フリーズ。

 

アクセスが集中したんだね。ワタクシのような人間がどれほどおるんや。

 

で、あきらめた。いや、将棋レースハンカチ可愛いけど、そこまで頑張って買う必要あるのかと。冷静になった。

 

で、近沢レース店のシーズンレースハンカチとても可愛くて、他のハンカチ買うか、と2時間後ぐらいにアクセスしてみると、ホームページ復旧していて、あっさり買えた。

驚くぐらい、あっさり買えた。

なんか、今年、くじ運ってやつが良いような気がする。

で、縁取りは「歩兵」と「銀将」。近沢レースさんによると「人気のある駒」だからとか。

 

いやいや、ワタクシは桂馬が好き。跳ねるの好き。銀もいいが、銀ってなんですか?

と、谷川先生の言葉をお借りいたしました。

 

 

👇棋譜を見るのも楽しいけど、漫画も楽しいよ。

maidonanews.jp