喜多桐スズメのニューおろおろ日記

漫画家・イラストレーター喜多桐スズメの日常ブログ

          おろおろ日記             スズメの仕事            漫画(株)アパレル            メール 

幼児語を放置しちゃいけないってホント?

うちの娘が3才のころ、トウモロコシと言えずに「モキ」
短い言葉でトウモロコシのことを、そう呼んでいました。

どういう回路で6字もある言葉が2字に要約されて聞こえるんだ、
とナゾでした。

そのうち、「モキ」が「トモキ」になり、しばらくすると
トウモコロシと多くの子どもが陥る間違いにまで進化します。

ある幼児教育の専門家が「幼児語をそのまま放置するのは、
子どもの、ひとりの人間としての人格を認めないことだから、
大人は幼児語で子どもに話しかけちゃいけない」と言ってました。

くっくはきましょうね〜、まんまおいちいでしゅか〜などは
御法度だそうで。トウモコロシを放置してもダメだそうで。
「トウモロコシ」ですよ、「トウモコロシ」じゃありませんよ、って
毎回訂正してあげなさい、とのことです。

いやいや、幼児教育の専門家のいうコトは

そうかもしんないけど、承服できませんなぁ。


子どもの舌足らずや幼児語はとてもかわいいもので
「トウモコロシ」と子どもが言うたびにぞくぞくするぐらいの
しあわせを感じる私は、幼児語を放置しようと思います。

けれど、息子が昨日、保育園から戻って家のインターホンのボタンを
インポー!インポーン!」と大声で叫びながら鳴らすので、
「インポーン、じゃありません!ピンポーン、でしょ!」と訂正しました。

そういえば、娘が5才ぐらいのときは「ビンボー!ビンボーン!
と言いながらインターフォンを鳴らすので「ビンボーじゃありません!
ピンポーン、でしょ」と訂正したことも思い出しました。

息子の「インポーン!」を聞いた夫が言いました。
「おいおい、ED(勃起不全)の人が聞いたらどうするんだよ」と。
幼児語よりも大人の口の悪さのほうがずっと問題です。